お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

東十条 シェルボン 懐かしの目白田中屋のシュークリームを求めて

La Pâtisserie CHER BON 

 

東十条

今回のお出かけ先は、京浜東北線で王子と赤羽の間の駅、東十条です。

f:id:odekakeiku:20180206143325j:plain

東十条駅のホームに降りて、駅名の標識を撮っていると

見知らぬ人に「電車の写真を撮りに来たの?」と話しかけられました。

あとあと知りましたが、東十条は撮り鉄の間では有名な撮影スポットのようです。

 

f:id:odekakeiku:20180206144623j:plain

今回の目的地は、東十条駅南口を出て1分かからないところにあります。

駅を出て、中十条交番の前を通り過ぎると

 

f:id:odekakeiku:20180206145020j:plain

フランス菓子の店、シェルボンがあります。

 

タムタム・レザン 

f:id:odekakeiku:20180206145541j:plain

こちらの名物は、北区の名品にも選ばれたタムタム・レザンと言う名の、レーズンサンド。

レーズンサンド愛好会会員のパパとしては、外せない一品ですw

 

f:id:odekakeiku:20180209233129j:plain

サクサクなサブレに、ザラザラのクリーム、しっかりラム酒のきいたレーズン、どれも個人的に当たりです。

東京は、各所にある小川軒にはじまり、神田の近江屋、ここシェルボンなど、レーズンサンド(レーズンウィッチ)の名店が多い気がします。

 

シュー・アラ・クレーム

f:id:odekakeiku:20180206145535j:plain

他にも、いろいろなケーキが並びますが、今回のお目当は、こちらの シュークリームです。

 

懐かしの田中屋のシュークリーム

少し、話は脱線します。

個人的なことで恐縮ですが、親族で集まった時に、またあの味が食べたいというような話になると必ず出てくるのが、目白の田中屋の、シュークリーム

今でも、目白に田中屋さんはありますが、喫茶店はなくなり酒屋さんだけになってしまいました。

田中屋の喫茶店は地下にあり、エレベーターで降りて、少し薄暗い雰囲気のまさに昭和な感じのする喫茶店でした。

祖父母の家が近くにあり、子供の頃、目白で降りると駅からすぐ近くの田中屋で、お土産によくそのシュークリームを買って行きました。

1人で祖父母の家にいく時などは、親に「お土産に田中屋でシュークリームを買っていく」と言うと千円札をくれて、その1,000円で、田中屋のシュークリームがたくさん買えました。

自分が小学生だった90年代前半、たしか田中屋のシュークリームは1つ120円ほどだったと記憶しています。それよりも以前は、80円だったようです。

 

目白田中屋のシュークリームは、少し硬めのシューに、黄色く濃厚なカスタード。

形も味もしっかりした、美味しいシュークリームでした。

しかし、もう10年以上も前ですが、田中屋はケーキ販売、喫茶店をぱったりとやめてしまいました。

あの田中屋のシュークリームも、食べることができなくなりました。

 

田中屋のシュークリームが食べられなくなって、しばらくした時、たまたま車に乗ってラジオを合わせると「目白にあった田中屋のシュークリームが、また食べたいなぁ」と、どなたかが話していました。

また、何かで読みましたが、今の田中屋さんのお店の人曰く、酒屋になった今でも、たまに「シュークリームありますか?」と訪ねてくる方もよくいるとか。

その記事を見て、あのシュークリームに特別な思いを寄せていたのは、我が家だけではなかったと知りました。

 

東十条 シェルボンのシュークリーム

そんなある日、目白の田中屋で洋菓子を作っていたシェフが、東十条でケーキ屋をやっているという話を聞きました。

それ以来、何度か購入しているのがシェルボンのシュークリームです。

 

f:id:odekakeiku:20180209235003j:plain

なんとなく懐かしい絵の、シェルボンの包装紙。

そうそう田中屋のリボンもこんな色、形だった記憶があります。

 

f:id:odekakeiku:20180209235015j:plain

箱を開けた時の香りも、なつかしい田中屋のシュークリームの香りに似ているような気がします。。

 

f:id:odekakeiku:20180209235022j:plain

シェルボンのシュークリームは、かなり大きめです。

田中屋のは、もう少し小さかったかな。

しかし、この大きさで、150円とは今時かなり良心的な値段設定です。

田中屋のシュークリームも値段設定は、リーズナブルでした。

 

f:id:odekakeiku:20180209235032j:plain

クリームは、シェルボンのはカスタードと生クリームのミックス。

田中屋のはカスタードだけだったと思います。

シューは、田中屋のは、もう少し硬かったかな。

 

正直言うと、田中屋のシュークリームとは、やはり少し別物です。

でも、どことなくあの懐かしい田中屋のシュークリームの匂いがしました。

何はともあれ、シェルボンのシュークリームも、田中屋に負けずとても美味しいシュークリームです。

 

 

f:id:odekakeiku:20180210000021j:plain

 北区、東十条

電車の写真は撮らないけど、

このシュークリームを求めに、何度かお出かけしています。

ごちそうさまでした。

 

 

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com

浅草 花やしきをお得に楽しむ!4歳以下との乗り物付き添いは無料。スカイツリー、水上バスの券で入園無料

今回は、日本最古の遊園地、浅草の「花やしき」へお出かけです。

f:id:odekakeiku:20180205132011j:plain

 

 

スカイツリー、水上バスの券で入場無料(キャンペーン)

f:id:odekakeiku:20180205131911j:plain

「花やしき」は通常、入園料が大人1,000円かかります。

(小学生・シニア500円、未就学児無料)

 

スカイツリーの入場券または、水上バス(ホタルナ・ヒミコ)の乗船整理券で入場料が無料になります。

スカイツリーの入場券で無料で入れるのは2018年5月21日まで。

水上バス(ホタルナ・ヒミコ)の乗船整理券で無料で入れるのは2018年3月31日まで。

期間限定のキャンペーンですが、期間延長で継続されているキャンペーンで、いつかスカイツリーや水上バスに乗ったら、花やしきにも行ってみたいなと思っていました。

 

f:id:odekakeiku:20180204091310j:plain

入場の際に係りの人に言うと、入場券の裏にハンコが押されて入場が無料に。

未就学児は無料だったのですが、ついつい4歳児のも出してしまいました。

なお、前日使用した入場券で入場できました。

 

4歳以下との付き添いは無料

花やしきでは、1歳までは乗り物の料金は必要ありません(乗れないものもあり)。

2歳から乗り物の料金が必要です。

 

f:id:odekakeiku:20180204091327j:plain

入場時に年齢の確認があり、4歳以下だとシールを貼ってくれます。

 

f:id:odekakeiku:20180206234750j:plain

このシールが貼ってある子供と、付き添いで大人がアトラクションに乗った場合、乗り物料金が必要ありません!

大変、お得なサービスです。

(アトラクションによっては身長制限、付き添いの年齢制限がある場合があります)

 

ちょっと楽しむなら回数券

f:id:odekakeiku:20180204091313j:plain

小さな子連れだと、花やしきへは、浅草へ観光買い物へ来たついでにちょっと立ち寄ったと言う方も多いと思いますが、それでしたら回数券でも十分楽しめます。

 

f:id:odekakeiku:20180204091316j:plain

絶叫系のアトラクションは「のりもの券」5枚とか必要ですが、小さな子供が乗れるアトラクションの多くは「のりもの券」2枚とか小口ですみます。

 

f:id:odekakeiku:20180206234937j:plain
f:id:odekakeiku:20180206234944j:plain
f:id:odekakeiku:20180206234941j:plain
f:id:odekakeiku:20180206235514j:plain

この日は東京へ遊びに来ていた、おじいちゃんおばあちゃんと、メリーゴーランドに2回、スワン、ちびっこタクシー、ヘリコプター、スカイシップに各1回づつ、交互に付き添いで乗って2時間弱ほど花やしきに滞在。

 浅草へ来たついでに気軽にちょっと「花やしき」を楽しめました!

 

 

www.odekakeiku.com
www.odekakeiku.comwww.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com

浅草うねうね食べある記 (ぶんか社コミックス)

浅草うねうね食べある記 (ぶんか社コミックス)

 

 

節分祭追儺式 豆まきへお出かけ 根津神社・湯島天神

今回は、2月3日の節分の日に、根津神社湯島天神豆まきへお出かけした記録です。

 

根津神社 節分祭

f:id:odekakeiku:20180203225826j:plain

江戸時代中期の社殿が残る、根津神社です。

2018年の2月3日は、土曜日。土日ともなるとただでさえ観光客が多い場所です。

どれだけ混み合っているんだろうと、恐る恐る行ってみると

 

f:id:odekakeiku:20180203225837j:plain

混み合ってはいましたが、取れないほどではない感じなので、我が家の5歳児と参戦w

根津神社は20分おきに豆まきをしているようなので、混雑もある程度分散されていたようです。

この日のために用意された花道が、神楽殿へと伸びています。

 

f:id:odekakeiku:20180203225844j:plain

消防団の方が警備する中、生演奏のお囃子が流れ、鬼が神楽殿から出てきてました。

 

f:id:odekakeiku:20180203225851j:plain

鬼がまねくような形(たぶん、本当は鬼を追い払う形)で、年男・年女のみなさんが出てこられました。

 

f:id:odekakeiku:20180203225903j:plain

お菓子、みかんなどが宙を舞います。

地元の人が多いせいか、みなさん用意していた紙袋で受け止めていました。

 

f:id:odekakeiku:20180203225915j:plain

我が家は、お菓子を2つゲット。

0個は悲しいし、1個は寂しいし。。2個はまずまずでしょうかw

 

湯島天満宮 節分祭追儀式

f:id:odekakeiku:20180203225919j:plain

毎年この時期は、受験シーズンで大にぎわいの湯島天神です。

実は散歩がてら立ち寄っただけで、もう豆まきは終わっているだろうと思っていましたが・・・

f:id:odekakeiku:20180203225931j:plain

こちらも前半・後半にわけて豆まきを行なっており、後半の部に参加できました!

見た感じ一般の参拝客の方が多く、かなり混み合っていました。 

 

f:id:odekakeiku:20180203232346j:plain

湯島天神は、警察官が警備。それもすごい数の、お巡りさんが随所に立っています。

お巡りさんの「押さないでください!」の連呼の声も、豆まきの喧騒にむなしくかき消されていました。

本当に危ないから押しちゃダメですね。

 

f:id:odekakeiku:20180203225945j:plain

お菓子、豆、お餅が宙を舞います。子供より大人の方が取るのに必死w

 

f:id:odekakeiku:20180203225955j:plain

最後に、落語家の桂南喬師匠が三本締めをして、お開き。

 

f:id:odekakeiku:20180203225958j:plain

我が家の5歳児も、見よう見まねの三本締め。

 

f:id:odekakeiku:20180203230013j:plain

さてさて成果は、豆が8袋に、お菓子が6つほど。

実は、最前列の方にいたのですが全く取れず、周囲の人々から「全然取れていないね〜あげるよ!」といただいたものですw

 

f:id:odekakeiku:20180203230001j:plain

「お巡りさんも頑張っていたからあげたい」と言うので、お豆をおすそ分け。

 

f:id:odekakeiku:20180203234242j:plain

豆まきに来たのに、鬼や福の神とではなく、なぜかお巡りさんと記念撮影という不思議な展開になりました(笑

お巡りさんにも福が来ますように。

 

f:id:odekakeiku:20180203230113j:plain

社殿横では、豆まきに参加しなかった人や、取れなかった人にも1つづつお菓子を配布されていました。

 

我が家の5歳児は、お巡りさんに豆をおすそ分けして喜んでもらえたのが、そうとう嬉しかったらしく、お豆とお菓子を、帰りに出会った顔なじみの近所の人たちにも配り、人に物を差し上げる喜びを感じたようです。

福はうち 福はうち

 

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com

スイカペンギン広場 バスタ新宿に隣接。電車も間近に見えて、待ち合わせや時間つぶしに最適。

今回は、バスタ新宿JR新宿駅に隣接している「Suicaペンギン広場」について。

f:id:odekakeiku:20180109142302j:plain

 

Suicaペンギン広場

f:id:odekakeiku:20180109142310j:plain

場所は、新宿高速バスターミナルバスタ新宿)のすぐとなり。

 

f:id:odekakeiku:20180109151351j:plain

JR新宿駅、新南改札のすぐ目の前です。

 

 

f:id:odekakeiku:20180109152109j:plain

隣接というより、バスタ新宿、新宿駅新南改札に直結しています。

 

ペンギンのブロンズ像

f:id:odekakeiku:20180109152036j:plain

ペンギン広場という名前の通り、 Suicaのキャラクターでおなじみの・・・

 

f:id:odekakeiku:20180109142331j:plain

ブロンズの「Suicaのペンギン」もいます。

 

f:id:odekakeiku:20180109142338j:plain

裏には、ブロンズの大きなSuicaがはめ込まれていて、文面にはスイカの簡単な歴史が記載されています。

Suicaは2001年11月にデビューし、その記念セレモニーが開催されたのが新宿駅だったそうです。

 

電車ビュースポット

f:id:odekakeiku:20180109142400j:plain

新宿駅は、1日に約10000本近くの電車が発着する世界最大のターミナル駅。

 

f:id:odekakeiku:20180109142409j:plain

この場所で、全ての電車の発着が見られるわけではありませんが、引っ切り無しに電車が行き来します。

 

f:id:odekakeiku:20180109142415j:plain

少し奥を見れば、小田急線も見えます。

ちょうど、新宿発小田原行きの特急「さがみ号」が出発しました。

 

待ち合わせ場所にも最適

f:id:odekakeiku:20180109142435j:plain

さほど広い広場ではありませんが、緑地された歩道があったり

 

f:id:odekakeiku:20180109142441j:plain
f:id:odekakeiku:20180109142448j:plain

ビュースポットには椅子があったりと、ちょっとした休憩や、待ち合わせ、高速バスの待ち時間にも最適かもしれません。

 

バスタ新宿

f:id:odekakeiku:20180109142455j:plain

振り返れば、すぐ上がバスタ新宿です。

 

f:id:odekakeiku:20180109161537j:plain

Suicaペンギン広場から1階上がったフロアは「3F高速バスおりばフロア」。

そのさらに1階上が「4F高速バスのりばフロア」です。

 

f:id:odekakeiku:20180109142500j:plain

3Fの高速バスおりばフロアには、東京都観光案内所が併設さてれています。

 

f:id:odekakeiku:20180109142506j:plain

東京の観光の相談や、端末で観光地情報を検索できます。

 

 

f:id:odekakeiku:20180109161916j:plain

ちょっとした時間つぶしに最適のSuicaペンギン広場でした。

 

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com

空いたペットボトルで、被災時用のコップやお皿を作ってみる。地震や災害に備える1

昨夜も、東京で少し大きな地震があったので・・・

今回は、ペットボトルで災害時用のコップやお皿を作ってみとういう試みです。

 

災害で食器が使えなくなったら

f:id:odekakeiku:20180106132604j:plain

自然災害の多い日本。今日、明日、大きな地震や、諸々の災害が起こるかもしれません。

いつも何気なく使っていた食器類が割れたり、流失したりして突然使えなくなることもあるかもしれません。

 

災害時用に、ペットボトルを少し残しておく

f:id:odekakeiku:20180106132612j:plain

以前は、ペットボトルがたまると回収時に全て出していました。

 

www.odekakeiku.com

 消防博物館にお出かけした時、家庭から出る空いたペットボトルも被災時、食器として使えるという展示を見てからは、空のペットボトルを全て捨てるのではなく、少し残しておくようにしていました。

 

ペットボトルでコップを作る

f:id:odekakeiku:20180106132619j:plain

空いたペットボトルで、即席のコップを作ってみます。

 

f:id:odekakeiku:20180106135044j:plain

と言っても作り方は、いたって簡単です。

カッターやハサミなどで、ペットボトルの上部を切りとります。

 

f:id:odekakeiku:20180106142322j:plain

切り口が、あまりギザギザにならないようにカットするのがポイントでしょうか。

 

f:id:odekakeiku:20180106135100j:plain

もしホット用のペットボトルなら、温かい飲み物も飲めるかもしれません。

 

f:id:odekakeiku:20180106135111j:plain

今回は、比較的上手に切り口もなめらかに切れましたが、注意点は切り口で、口を切らないようにすることです。

 

ペットボトルで小皿を作る

f:id:odekakeiku:20180106135657j:plain

続いて、ペットボトルで小皿を作ってみます。

こちらも作り方は簡単。ペットボトルの側面部を切り落とすのみ。

ペットボトルのフタは、取らずに閉めたままにしておきます。

 

f:id:odekakeiku:20180106135709j:plain

できた小皿でヨーグルトを食べてみました。

 

f:id:odekakeiku:20180106135717j:plain

多少不便はありますが、ちゃんと小皿として機能しています。

日頃、何気なく食器が使えているありがたみを少し感じることができました。

 

割れにくいお皿も、日常使う食器に取り入れる

f:id:odekakeiku:20180106140115j:plain

我が家では、木製のお皿も日常よく使っています。

木のぬくもりがあり、パンなど食べるときはなんとなく美味しい気がします。

木製のお皿も割れにくいので、非常時に役立つかもしれません。

 

f:id:odekakeiku:20180106140118j:plain

それと、被災経験者がよく語る被災時にあって良かったものが、サランラップやクレラップなどの食品用のラップフィルム

我が家では、安売りをしているときに少し余計にストックしています。

災害時、お皿にラップして使えば、もし水が出なくても困りません。

 

www.odekakeiku.com

 

4コマですぐわかるみんなの防災ハンドブック

4コマですぐわかるみんなの防災ハンドブック

  • 作者: 草野かおる,渡辺実
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2014/07/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 10回
  • この商品を含むブログを見る
 
被災ママ812人が作った 子連れ防災手帖

被災ママ812人が作った 子連れ防災手帖

 

 

王子 狐の行列 大晦日に装束稲荷に集まり、元旦に王子稲荷へ詣でる狐たち

今回は、大晦日の夜から年明けにかけて開催される「王子 狐の行列」へお出かけした記録です。

f:id:odekakeiku:20180105145929j:plain

 

王子と狐

f:id:odekakeiku:20180105151007p:plain

名所江戸百景 王子装束ゑの木大晦日の狐火 広重 国立国会図書館

王子には昔から、大晦日に各地から集まった狐が、装束を整えて王子稲荷神社に集団で詣でたという伝説があります。

その伝説を現在に再現したのが、毎年大晦日に開催される「王子狐の行列」です。

 

 

f:id:odekakeiku:20180105152904j:plain
f:id:odekakeiku:20180105151622j:plain

大晦日当日も各所で、狐のお面を販売していますが、どこもすごい人集り。

狐のお面をかぶりたい人は、事前に用意しておくのもいいかもしれません。

 

装束稲荷

f:id:odekakeiku:20180105161807j:plain

各地から集まった狐が、王子稲荷神社に詣でる前に装束を整えた場所とされる、装束稲荷。

狐の行列も、ここ装束稲荷からスタートします。

 

f:id:odekakeiku:20180105154721j:plain

狐の行列が過ぎた後は、初詣で賑わっていました。

 

狐の行列

f:id:odekakeiku:20180105151624j:plain

交通整理をしている方も、狐のお面。

 

f:id:odekakeiku:20180105151635j:plain

狐の行列を見るため1時間ほど前から立って待っていると、係の人がなにやら配布していました。

 

f:id:odekakeiku:20180105151641j:plain

新年のカウントダウン用のクラッカーでした。

 

f:id:odekakeiku:20180105151643j:plain

狐の行列は新年を迎えて、元旦の0時から。それまで獅子舞が観客の元にやってきます。

 

f:id:odekakeiku:20180105152736j:plain

みんなでカウントダウンをして、クラッカーで新年を祝い

 

f:id:odekakeiku:20180105155242j:plain

獅子舞を先頭に、いよいよ狐の行列のスタートです。

 

f:id:odekakeiku:20180105152748j:plain

王子狐ばやし。子供達の太鼓で雰囲気を盛り上げます。

 

f:id:odekakeiku:20180105152802j:plain

太鼓に笛の音、とても賑やかな狐の行列です。

 

f:id:odekakeiku:20180105155205j:plain

続いて、大きな狐のお面の登場

 

f:id:odekakeiku:20180105155848j:plain

f:id:odekakeiku:20180105160448j:plain

f:id:odekakeiku:20180105160454j:plain

f:id:odekakeiku:20180105160953j:plain

f:id:odekakeiku:20180105160955j:plain

f:id:odekakeiku:20180105161656j:plain

f:id:odekakeiku:20180105152841j:plain

外国の方も、たくさん参列されていました。

なお、狐の行列に参加するには、事前の申し込みが必要です。

 

f:id:odekakeiku:20180105154543j:plain
f:id:odekakeiku:20180105154541j:plain

行列参加者だけでなく、観客の方々もいろいろな狐のお面をつけていました。

 

装束稲荷から王子稲荷へ

f:id:odekakeiku:20180105163235j:plain

行列を先回りして、王子稲荷方面へ。

途中、かわいい狐さんたちが舞っていました。

 

f:id:odekakeiku:20180105163245j:plain

くず餅が名物の石鍋商店も開いていました。

 

www.odekakeiku.com

 

f:id:odekakeiku:20180105165046j:plain

f:id:odekakeiku:20180105165103j:plain

f:id:odekakeiku:20180105165119j:plain

f:id:odekakeiku:20180105165128j:plain

みなさん、1時間近くかけて王子稲荷へ向かいます。

 

f:id:odekakeiku:20180105165546j:plain

狐火の提灯が、王子稲荷へ向かう光景もまた風情がありました。

 

f:id:odekakeiku:20180105163533j:plain

狐の行列の終点、王子稲荷神社。参拝客も多く賑わっていました。

 

f:id:odekakeiku:20180105165640j:plain

行列参列者も、観客も狐に扮して楽しめた「王子 狐の行列」でした。

 

 

www.odekakeiku.com

 

日本のお正月を楽しむ! 正月テーマパーク J-CULTURE FEST 有楽町 東京国際フォーラム

今回は、東京国際フォーラムで開催されているJ-CULTURE FEST正月テーマパークへお出かけした記録です。

2018年の開催期間は1月2日(火)と3日(水)です。

入場は無料!一部体験教室やコンサート、寄席などは有料です。

 

J-CULTURE FEST

f:id:odekakeiku:20180102211956j:plain

ニッポンのお正月を楽しもう「にっぽん・和心・初詣」がテーマのようです。

主催は、東京国際フォーラム。

 

宮廷文化・今昔物語

f:id:odekakeiku:20180102211942j:plain

入ってすぐの、ロビーギャラリーでは、明治元年より150年の節目ということで、日本の宮廷文化の紹介をしていました。

 

天皇の御膳 平安時代の御馳走

f:id:odekakeiku:20180102212617j:plain
f:id:odekakeiku:20180102212621j:plain

資料に残る、平安時代の天皇の行幸の際の御馳走を再現していました。

かやの実、松の実、なつめ、などの菓子から(画像左)

鮭やあわび、鯛、キジの肉を干したもの(画像右)

 

f:id:odekakeiku:20180103070844j:plain
f:id:odekakeiku:20180103071432j:plain

生栗に、ワタリガニ、あわびの刺身(画像左)

鮭の刺身と、中国伝来の小麦粉や米で揚げた菓子(画像右)

どれも素材そのまま!!素材を掛け合わせて料理するということが、平安時代はまだ少なかったのでしょうか。

宮中行事の再現

f:id:odekakeiku:20180103072130j:plain
f:id:odekakeiku:20180103072132j:plain

紫式部の「源氏物語」より、

 

f:id:odekakeiku:20180103101708j:plain
f:id:odekakeiku:20180103101054j:plain

宮中の行事の再現や

 

f:id:odekakeiku:20180103072141j:plain

大正天皇の即位の礼の様子を再現した模型などなど

 

十二単の展示

f:id:odekakeiku:20180103072203j:plain

各時代ごとの、十二単の展示(手前は現代)

 

講演

f:id:odekakeiku:20180103072225j:plain
f:id:odekakeiku:20180103072228j:plain

笙の生演奏や、十二単の着装の実演などもありました。

 

さてさて、メインのホールE、「お正月テーマパーク」へ移動です。

f:id:odekakeiku:20180103114435j:plain

体験エリア

f:id:odekakeiku:20180103081656j:plain
f:id:odekakeiku:20180103081711j:plain

こちらは「三味線」や、お能や歌舞伎でお馴染みの「鼓」の体験教室。

 

f:id:odekakeiku:20180103081708j:plain
f:id:odekakeiku:20180103081714j:plain

甲冑の着付け体験や、生け花の教室

 

f:id:odekakeiku:20180103081726j:plain
f:id:odekakeiku:20180103081732j:plain

お正月らしく、書初め体験や、凧作りもできます。

 

あそび広場

f:id:odekakeiku:20180103084345j:plain

こたつに入って、折り紙を折ったり

 

f:id:odekakeiku:20180103084351j:plain

お正月の定番、ふくわらいで遊んだり

 

f:id:odekakeiku:20180103094209j:plain

ちょうど行った時は、本物のお相撲さんによる「ちびっこ相撲」が行われていました!

 

縁日エリア

f:id:odekakeiku:20180103085554j:plain
f:id:odekakeiku:20180103095158j:plain

縁日エリアには、射撃輪投げ金塊落型抜などで遊べます。

f:id:odekakeiku:20180103094544j:plain
f:id:odekakeiku:20180103095218j:plain

1回200円の縁日利用券を買って、スーパーボールすくいをして遊んでみました。
景品ももらって、ちょっとお祭り気分を味わえました。

 

お正月フードエリア

f:id:odekakeiku:20180103084307j:plain

ちょっとお腹がすいたらフードエリアへ。

帝国ホテルが出店しています。

 

f:id:odekakeiku:20180103095420j:plain

大分風、京都風、富山風、福島風など、日本各地のお雑煮などがいただけます。

 

神社、ステージ

f:id:odekakeiku:20180103095618j:plain

初詣がテーマなので、神社まで設置されていました。

 

f:id:odekakeiku:20180103095611j:plain

ステージでは、三味線の生演奏や、紙切漫談なども。

 

スタンプラリー

f:id:odekakeiku:20180103095628j:plain

会場をまわって、スタンプをあつめると

 

f:id:odekakeiku:20180103095631j:plain

ガラガラを引かせてもらえます。

 

f:id:odekakeiku:20180103095635j:plain

オリジナルトートバックや、シール、飴などが当たりました!

 

 

 

f:id:odekakeiku:20180103100038j:plain

 日本文化を楽しく学べる、お正月テーマパークでした。

1月2日、3日の2日間しか開催されないないのがもったいないくらいです。

さほど混雑もしていないので、銀座などの人混みに疲れたら、立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

 

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com