お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

塔のへつり 奇岩の中を歩く。ここは日本のカッパドキア。会津下郷

今回は晩秋の会津旅行より、福島県下郷町にある塔のへつりへお出かけした記録です。

 

「塔のへつり」へは鉄道も便利

f:id:odekakeiku:20181208231343j:plain塔のへつりは鉄道でもアクセスしやすいです。

浅草からだと東武線〜会津鉄道で、約3時間20分ローカル線の旅を楽しめます。

 

f:id:odekakeiku:20181208231349j:plain「塔のへつり駅」は、メルヘンな感じのするかわいい駅です。

 

f:id:odekakeiku:20181208231411j:plainもちろん、駐車場もあります。1回300円。

ちょうどお出かけした時(11月中旬)は、駐車場、塔のへつり駅周辺の紅葉が真っ盛りでした。

塔のへつり

f:id:odekakeiku:20181208230323j:plain塔のへつりは、国指定天然記念物(昭和18年8月選定)。

 

f:id:odekakeiku:20181208234109j:plain(へつり)とは、断崖、絶壁、急斜面、川岸などを意味する方言だそうです。

下の「昔ここは海だった」も気になりますが、この事に関する説明文等は見当たりませんでした。

 

f:id:odekakeiku:20181208231505j:plain塔のへつりの奇岩の多くは川を挟んだ対岸にあります。

整備された遊歩道を歩いて行きます。

 

f:id:odekakeiku:20181208231529j:plain

阿賀川にかかる吊り橋を渡ると、奇岩の数々。

 

f:id:odekakeiku:20181208231556j:plain

塔のひとつひとつ、全てに名前がります。

 

f:id:odekakeiku:20181208235920j:plainパパは見ていると、トルコのカッパドキアぽいなと思えてきました。

 

f:id:odekakeiku:20181208231603j:plain岩のえぐられた部分がちょっとした歩道になっています。

 

f:id:odekakeiku:20181208231612j:plain「あっ!洞窟がある!!」と我が家の5歳児

 

f:id:odekakeiku:20181208231618j:plain

行ってみると虚空蔵菩薩をお祀りしているようです。

中は、写真撮影禁止。

虚空蔵菩薩というと、以前訪れた、会津柳津の円蔵寺も日本三大虚空蔵菩薩として有名です。 

www.odekakeiku.com

 

 

f:id:odekakeiku:20181209011635j:plain

柳津の円蔵寺もそうですが、会津地方にははいたるところで「その昔、空海が訪れて・・・」という伝説があります。当然史実ではありませんが、こちらもそうかなと思ったら、蝦夷征討で東北を訪れたこともある征夷大将軍、坂上田村麻呂の建立だとか。

 

f:id:odekakeiku:20181209011058j:plainともあれ、塔のへつり駅周辺にもどってきて、紅葉拾いをしたり・・・

 

f:id:odekakeiku:20181209013328j:plain楽しい秋のひと時を過ごしましたとさ。

 

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com