お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

「志麻さんのプレミアムな作りおき」子供もよく食べる手軽なフランスの家庭料理を日常の献立に

TV等でのお馴染みの、伝説の家政婦こと志麻さん。

「志麻さんのプレミアムな作りおき」を購入して早数ヶ月、我が家も色々作ってみましたw

志麻さんのプレミアムな作りおき

志麻さんのプレミアムな作りおき

 毎回、料理レシピ本は買ってみては

  • 普通の家庭にないようなスパイスや調理器具がオンパレードで撃沈したり
  • 手間や作り方が難しすぎて挫折したり
  • 逆に、これ料理?といえるほど簡単すぎてガッカリしたり

などなど料理本にはあまり恵まれず、ネットのレシピ紹介でいいかと思っていましたが・・・結論から言ってこの本を買って大正解でした。

志麻さんは、フランス料理を長年学び腕を磨き、有名店で働いてこられた経歴と、旦那さんもフランス人ということだけあって、この本にもフランス料理やフランスの家庭料理が多く紹介されています。

 

 

キャロット・ラペ

f:id:odekakeiku:20180903200721j:plain

色々作った中で、何度もリピートして作ったのがフランス家庭料理の定番、キャロット・ラペ

人参と、オリーブと、塩と、レモンだけで出来て、調理時間もかかりません。

 

f:id:odekakeiku:20180903200743j:plain

子供もポリポリとよく食べます。

 

f:id:odekakeiku:20180903200733j:plain

フランスパンにのせて食べても、やっぱり合いました。

 

オニオンスープ

f:id:odekakeiku:20180903200751j:plain

まずは、オニオンスープのもとになる、「あめ色たまねぎ」を作り、それに水とコンソメを入れて煮立てて出来上がり。あめ色たまねぎは冷凍もできて時間がない時に、さっと本格的なオニオンスープができるという優れものの作りおき!(日本語変だけど)

 

ローストビーフ

f:id:odekakeiku:20180903200806j:plain

ローストビーフは厳密に言えば、イギリス料理かな。

志麻さんの教えるローストビーフはオーブンを使いません。作りおきしておく時の秘訣も解説されていて、「ローストビーフが作りおきされている」というちょっと優雅?な気分にもひたりたくなるようなw

 

サーモンの白ワイン蒸し、レモンバターソース 

f:id:odekakeiku:20180903200812j:plain

本には「15分でできる本格フレンチ」とありましたが、まさにその通り。

作りおきしておいて、お弁当のおかずにも良さそうです。

 

ゆで卵とほうれん草のグラタン

f:id:odekakeiku:20180908103726j:plain

ゆで卵のグラタンは、フランスの家庭ではおなじみとか。

まるまる5個のゆで卵がかくれています。

 

f:id:odekakeiku:20180908103729j:plain

 ホワイトソースは、バター、小麦粉、牛乳のみで作ります。ホワイトソースも作りおきするという発想はなかったです。

 

お米のミルク煮

f:id:odekakeiku:20180903200820j:plain

お米から作る、冷たくてやさしい味のスイーツ。

お米がベースなだけあって、添えるジャムを変えると味も風味も変わり楽しめます。

この時↑は、梅ジャムをのせていただきました。

寒い冬には、あたため暖かいスイーツにしてもいいような。

 

チョコレートムース

f:id:odekakeiku:20180903200827j:plain

 必要な材料は、板チョコ、卵、砂糖のみ。手軽にできるスイーツです。

作りおきは、2日以内に食べる分には冷蔵で、それ以上は冷凍にするのがいいようです。

 

志麻さんのプレミアムな作りおき

志麻さんのプレミアムな作りおき

志麻さんの何度でも食べたい極上レシピ

志麻さんの何度でも食べたい極上レシピ

 

 今回の本が当たりだったので、↑「志麻さんの何度でも食べたい極上レシピ」も購入してみました。

こちらは「作りおき」よりもちょっと難易度があがった料理の数々のような気がします。

 また色々と参考にして作ってみたいと思います。

 

 

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com