お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

最上川流域 幻想の森、トトロの木、樹齢1000年を超える森の巨人たちに会いに行く

山形県北部の最上川流域には、樹齢1000年を越えるような巨木が見られる所がいくつも存在します。今回は、「幻想の森」と「トトロの木」へお出かけした記録です。

最上峡一帯の天然杉は、タコ足状に幹が別れた多幹型の老杉が多いことが特徴だそうです。太平洋側のオモテ杉に対しウラ杉とも呼ばれています。

幻想の森

最上川舟下りの終着地、最上川リバーポートから、

www.odekakeiku.com

 車ですぐのところにある幻想の森へ。

以前、JR東日本「大人の休日倶楽部」のCMで、吉永小百合さんも訪れていました。

f:id:odekakeiku:20161114093247j:plain

国道47号線から、オフロードを登っていくこと10分弱、駐車場に着きます。

 

f:id:odekakeiku:20161114094241j:plain

散策路は、ウッドチップが敷き詰められているので、とても歩きやすいです。

 

f:id:odekakeiku:20161114094822j:plain

まさに、幻想の森です。様々な奇怪な形をした、大きな杉がたくさん並びます。

 

f:id:odekakeiku:20161114095223j:plain

幹周りは13mほどでしょうか。これで、一本の杉の木です。

f:id:odekakeiku:20161114095206j:plain

一本の杉とは思えないくらいの迫力で、天に向かって伸びています。

 

f:id:odekakeiku:20161114095603j:plain

子供と、鬼ごっこをしました。

自分達以外は誰もいないのに、誰かに見られている様な。何かいる様な・・・。

ママは「もののけ姫」のコダマじゃない? 

子供は(沖縄の)キジムナーじゃない?

気のせいだとは思いますが、怖くはないけど、そんな気配がする気もしてきます。

ちょっとしたジブリ感を満喫できる幻想の森でした。

 

トトロの木 小杉の大杉

続いて、トトロのような形をした不思議な木があると聞き、車を走らせました。

地図で、だいたいこの辺かなという場所に近づくと

f:id:odekakeiku:20161114100403j:plain

ちゃんと案内の看板がありました。

 

f:id:odekakeiku:20161114100620j:plain

のどかな山間の田園風景を走って行きます。

 

f:id:odekakeiku:20161114100708j:plain

驚いたことに、ちゃんと駐車場と、トイレ、自動販売機、そしてトトロの木を遠く望める展望台まで完備してありました。

駐車場からトトロの木までは、少しだけ歩きます。

f:id:odekakeiku:20161114100907j:plain

このトトロの木は、正式には「小杉の大杉」というそうです。またの名を「曲川の大杉」。ここの住所が、鮎川村曲川小杉だからでしょう。

 

f:id:odekakeiku:20161114101329j:plain

まさにトトロの木です。樹齢1000年を越える鮎川村の天然記念物です。

f:id:odekakeiku:20161114102135j:plain

下から見上げげると、幻想の森の老杉同様に、幹が幾つにも別れ、独特な迫力があります。

f:id:odekakeiku:20161114102423j:plain

大杉の根元には、小さな祠がありました。このトトロの木は、この地域の御神木なのでしょう。

最近では、縁結びや、子宝の木とも知られ、遠くからも人が来るそうです。

案内板によると、この周辺からは縄文土器や石器が出土されているとか。

この樹齢1000年を越すトトロの木が生まれる、はるか以前から歴史のある土地のようです。

  

www.odekakeiku.com

 

  

幻想の森

〒999-6401 山形県最上郡戸沢村古口土湯

冬季は雪のため入山不可

 

 

 

 トトロの木 小杉の大杉

 〒999-5206 山形県最上郡鮭川村曲川