お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

常盤橋ゴジラギャラリー。初代「ゴジラ」から「シンゴジラ」までの全29作品からみえてくるもの。

今回は偶然通りかかって発見した、常盤橋ゴジラギャラリーについて。

 

f:id:odekakeiku:20180605140749j:plain

永代通りと外堀通りの交差する呉服橋の交差点にて

「←常盤橋ゴジラギャラリー」

という看板を偶然目にし気になってしまい、ちょっと立ち寄って来ました。

 

常盤橋ゴジラギャラリー

f:id:odekakeiku:20180605141837j:plain

場所は、東京駅日本橋口前の永代通りをはさんでほぼ向かい。日本ビルジングの横です。

 

f:id:odekakeiku:20180605140752j:plain

「〜常盤橋とゴジラのあゆみ〜」と書かれていても、いまいちピンと来ません。

 

f:id:odekakeiku:20180605162129j:plain

建設現場との界の壁に「ゴジラ」のポスターが展示されています。それでゴジラギャラリー。

土地柄、サラリーマンの皆さんが素通りしていきますが、懐かしさからか立ち止まって見ていく方もちらほら。

 

f:id:odekakeiku:20180605165155j:plain

足元には、おそらくゴジラと思われる足跡も。でもそれほど大きくはないので、実際のゴジラの足のサイズではないようです。

 

f:id:odekakeiku:20180605161114j:plain

ギャラリーの終盤で、なぜ常盤橋でゴジラなのかの解説がありました。

2027年、ここ常盤橋に地上390mという日本一の高さの超高層ビルが建設されるそうです。

大ブレイクした映画「シン・ゴジラ」では常盤橋プロジェクトの各ビルがゴジラの動きをとめる一幕があります。それで常盤橋でゴジラのようです。

 

 

1954年の1作目の「ゴジラ」から、2016年の「シンゴジラ」まで、全29作品のゴジラ映画がありますが、年代別にちょっと見ていきます。

1950年代

f:id:odekakeiku:20180605141331j:plain

記念すべき第1作目の「ゴジラ」は1954年公開。まだ戦後10年もたたずしてゴジラはデビューしました。

ゴジラが誕生して、2018年でもう64年。

 

f:id:odekakeiku:20180605144506j:plain

初代ゴジラですが、現在のゴジラとほぼ同じ顔立ちです。

「水爆大怪獣映画」とあるように、原水爆実験の影響で伝説のゴジラが復活したという設定。これは同年3月にあった第五福竜丸の被曝事件から着想したといわれています。

1作目から、キャストに志村喬宝田明など俳優陣も豪華です。

 

1960年代

f:id:odekakeiku:20180605145447j:plain

1950年代の2作品のゴジラがあたって、1960年代高度経済成長期も多くの「ゴジラ」作品が生まれました。

 

f:id:odekakeiku:20180605145456j:plain

アメリカ代表?キングコングモスラとの対決、はたまた「ゴジラの息子」が出てくるなど、高度経済成長期にゴジラも成長していきます。

 

f:id:odekakeiku:20180605150533j:plain

ちょっと気になったのが、第6作目の「怪獣大作戦」

 

解説には・・・ 

f:id:odekakeiku:20180605150750j:plain

なんと作中でゴジラが「シェー」のポーズをとったそうです。調べてみたら5回も!

「怪獣大作戦」が公開されたのが1965年。「おそ松くん」に登場するイヤミ「シェー」が子供達に大流行していた年です。ゴジラも流行りにのっていた(のせられていた)のが驚きです。

 

1970年代

f:id:odekakeiku:20180605151303j:plain

1970年代になると家庭でテレビを見るのが一般化したせいもあってか、映画館で見る怪獣映画ブームは徐々に去ってしまいます。

低予算の中で、メカゴジラの誕生など様々な工夫が随所に見られるのが、1970年代のゴジラの特徴のようです。

ほぼ毎年作られてきたゴジラの映画も、1975年の「メカゴジラの逆襲」を最後にしばらくは作られなくなってしまいました。

 

1980年代

f:id:odekakeiku:20180605153344j:plain

前作から9年。1984年にゴジラ誕生30周年を記念して作られたのが、新作「ゴジラ」

対決ものとかではなく、リセットされた単独のゴジラ映画ですが、これが大ヒットします!

何事も、原点に帰るというのは重要なのかもしれませんね。

 

1990年代

f:id:odekakeiku:20180605154625j:plain

1990年代には6作品のゴジラ映画が誕生します。キングギドラや、モスラ、メカゴジラとの対決などなど。

 

2000年代

f:id:odekakeiku:20180605155213j:plain

2000年代も意外と多く5作品。

ゴジラ、モスラ、キングギドラとの3対決などなど・・・

でも、90年代2000年代ともに、歴史はくりかえすではないけど、なんとなく60年代、70年代とパターンも似ているような??

 

2010年代

f:id:odekakeiku:20180605155358j:plain

そして2010年代。2016年に公開された、あの「シンゴジラ」が大ヒット!

ふたたび、単独ゴジラの再リセットで大ブレイクします。

 

50年代〜2010年代の全29作品を通して見ていくと・・・

ゴジラ単独もので大ヒット。1954年、1984年 、(2016年)

いろいろな対決ものがでてくる。60年代〜70年代、90年代〜00年代

しばらく間があって・・・

再び原点に帰ってリセットした、単独もので大ヒット!。1984年、2016年

という流れを繰り返している気がします。

これはゴジラに限ったことではなく、多くのものに通じるような。

 

f:id:odekakeiku:20180605161900j:plain

ポスターだけの展示ですが、いろいろと学べた気がします。

 

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

 
GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)

GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)

 

 

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com