お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

野点のすすめ お天気がよく気持ちの良い休日は、外でシートを広げて、お抹茶でもいかかですか?

お天気が良ければ、外にいるのが、とても気持ちの良い季節となりました。

そんな、お天気が穏やかで気持ちの良い休日は、我が家ではよく公園でシートを広げて、お弁当、昼寝、読書(子供ができる前までかな)、そして野点(のだて)を楽しみます。

f:id:odekakeiku:20161002224406j:plain

 

野点とは・・・ Outdoor Tea Ceremony

簡単に言うと、屋外でお抹茶を点(た)てて、いただくことです。

ステレオタイプなイメージで言うと、太閤秀吉が天気の良い日に、お城の庭で赤い傘の下、淀殿はじめ、女中さんたちと楽しげに茶会をしている感じでしょうか。。

そこまでいかなくても、最近では、よく庭園や城跡などの観光地などでも、観光客向けに行われているのをよく目にしますね。

我が家の野点は、裏でも表でもなく、正式な茶道の礼儀に則ったような正統派ではありません。

ただ、お菓子をいただき、お抹茶をいただき、ゆっくりと至福のときを楽しむというアウトドアな野点です。

うちの3歳娘も、この野点が大好きです(もちろん子供用に少し薄めにしますけど)。

英語で、Outdoor Tea Ceremony 英語の方が、意味が通じやすいですね。

f:id:odekakeiku:20161003115411j:plain

 

 

野点をする時に最低限用意するもの

 

1、抹茶 Matcha

f:id:odekakeiku:20161002225430j:plain

これが、なければ始まりません。

お抹茶は、お茶屋さん、スーパーマーケット、デパ地下をはじめ、最近ではアマゾンなどのネットショップでも手に入ります。

はじめは、あまり量が残ってもしょうがないので、使いきれるくらいの量の20gの、お抹茶を選ばれるのがいいかと思います。

20gくらいだと、値段もスーパーで400円くらいからありますが、できたら、20gで1,000円以上の抹茶を選んでみてください。味がちがうと思います。

(創業100年以上続くお茶屋の孫が言うので、たぶん間違いないです)

高いものだと20gで6千円を超えるのもありますが、我が家はたいてい20gで1,500円前後のを毎回選んでいるような気がします。

少し高い気もするかもしれませんが、お抹茶1杯約1,5g(茶杓2杯分)を使うので、20gでも、お抹茶12〜13杯はいただけます。

なお写真に写っている黒の容器の、抹茶を入れるなつめは、あってもなくても。

 

2、茶杓 Chashaku  ~Tea Ladle~

正統派な方が見たら怒られそうですが、なければ、小さなティースプーンでもいいです。

でも、お抹茶を1杯入れるのに、約1,5g、茶杓2杯と相場がだいたいきまっているので、さじ加減もわかりやすいですし、値段も安いのであったほうが便利かもしれません。

値段は、安いもので数百円程度〜です。

野点用に、折りたためる茶杓もあります。

 

3、茶筅 Chasen  ~Tea Whish~

f:id:odekakeiku:20161002232058j:plain

抹茶を点てるといえば、これ!

さすがに泡立て器では、代役は勤まらないと思います(笑

これも値段は1,000円前後からあります。こちらも、野点用に少し小ぶりのもあります。

 

4、茶碗 Chawan  ~Tea Bowl~

f:id:odekakeiku:20161002232805j:plain

野点用ですので、持ち運び中に割れてしまうかもしれませんので、安価なもので十分です。自分は、よく地方の焼き物の産地に行くと、ついつい買ってしまうのですが、画像に写っている手前のものでも2,000円ほどだったと思います。

日頃使っている、または貰ったけど使っていないというような、ごはん茶碗でもいいと思います。

 

5、お湯を入れる魔法瓶

f:id:odekakeiku:20161002233822j:plain

今までは、我が家も重い魔法瓶にお湯を入れて持って行ってましたが、最近ようやく軽くて、保温抜群というサーモスにしました。

www.odekakeiku.com

 

だいたい、お抹茶を1杯点てるのに必要なお湯の量は70ml前後でしょうか。

お抹茶を5、6杯点てる分には、0,75Lあれば十分です。

10杯近く点てるなら、1Lは欲しいところ。

温度も、煎茶を入れるときと同様に70〜80度くらいで点てるのがいいと言われています。

 

6、茶菓子 ~Japanese Sweets~

f:id:odekakeiku:20161002235017j:plain

これも、和菓子であれば、なんでもいいです。生菓子でも、羊羹でも、最中でも。

コンビニでも、一口羊羹や大福などの和菓子が手軽に売っていますね。

お抹茶をいただく前に、お茶菓子をいただいて楽しんでください。

 

 

お抹茶の点てかた

点てかたは、正統派ではないので、いたってシンプルです。注:あくまでも我が家流です。

1、茶碗と茶筅を少し、お湯で少し温めておきます。

2、茶杓で2杯、抹茶を茶碗に入れます。

3、お湯を入れ(目安は、茶碗の3分の1くらい)、茶筅で点てる

点てかたは、「の」の字を書くようにとも、「m」の字を書くようにとも。

f:id:odekakeiku:20161002235857j:plain

4、点てたら、茶碗の表を、お客人の前にくるように、まわして出します。

 

家族で楽しむだけでなく、友人を招いたり、親戚が来たときなど、とても楽しんでもらえます。

f:id:odekakeiku:20161003121643j:plain

↑ 各自マイ茶碗を持って来てもらい野点。

 野点 Outdoor Tea Ceremony

よく外国の方が、遠くから珍しそうに見てたり、カメラを撮ったりとかされますけど、一言声をかけてくれれば、一杯おもてなしするのになぁ〜。