お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

浅草寺の花まつり。4月8日はお釈迦様のお誕生日。仏生会。

今回は、4月8日に浅草寺の「花まつり」仏生会へお出かけした記録。

 

4月8日はお釈迦様のお誕生日

f:id:odekakeiku:20180411223514j:plain

4月8日はお釈迦様の誕生日。仏生会です。

どこのお寺でも、この4月8日は花まつりをするのですが、浅草寺でも毎年盛大にお祝いしています。

 

花まつり

f:id:odekakeiku:20180411223612j:plain

花まつりの名前の由来は諸説ありますが、お釈迦様のお母さんのマーヤ王妃(摩耶夫人)が里帰り出産のため帰路についている時、立ち寄ったルンビニーの花園でお釈迦様を産んだことから。

 

f:id:odekakeiku:20180411233553j:plain

お花をたくさん、お供えしてルンビニーの花園を再現しています。

 

白像

f:id:odekakeiku:20180411223557j:plain

花まつりに、お釈迦様を乗せた白像が出てくるのは、お釈迦様のお母さんのマーヤ王妃(摩耶夫人)が、白像がお腹の中に入る夢を見て懐妊したという故事から。

 

f:id:odekakeiku:20180411223634j:plain

古来より仏教国では、像は縁起のいい動物として大切にされてきました。

像が出てくる夢は、良いことが起こる前触れともされています。

 

甘茶

f:id:odekakeiku:20180411223616j:plain

お釈迦様がお生まれになったあと、龍が天から甘露をふりそそぎ産湯としたという言い伝えから、花まつりでは、誕生仏に甘茶をかけてお祝いします。

 

f:id:odekakeiku:20180411223638j:plain

浅草寺では、参拝者に無料の甘茶のご接待があります。

独特の甘さがある、この甘茶。

 

f:id:odekakeiku:20180411234914j:plainアマチャ ユキノシタ科 小石川植物園

この独特の甘さは、砂糖などの甘味料で甘くしているわけではなく、葉にフィロズルチンとイソフィロズルチンという強い甘味成分が含まれているから。カフェインはありません。

天から降り注いだということから、「甘茶」ではなく「天茶」と書く場合もあるようです。

 

f:id:odekakeiku:20180411223714j:plain

本堂の中には、さらにちっちゃな誕生仏。

 

f:id:odekakeiku:20180411223715j:plain

我が家の5歳児は、何をお願いしてるのかと思って聞いてみると

「おしゃかさん。お誕生日おめでとう」と思っていたそうです。

 

「家がお寺で・・・」「通ってた幼稚園、学校が仏教系だった」という方以外は、あまり馴染みがないかもしれない、お釈迦様のお誕生日、仏生会。

昔から不思議に思っていたのですが、日本でもキリストの誕生日のクリスマスはあんなに盛大にやるのに、お釈迦様、ブッダの生まれた日はあまり馴染みがない人が多いのはなぜなんでしょう。

 

ブッダがせんせい 心を育てるこども仏教塾

ブッダがせんせい 心を育てるこども仏教塾

 

 ↑物事の良し悪しを、ブッダがせんせいになって教えてくれます。

宗教くさくなく説教くさくなく、我が家の5歳児もお気に入りの1冊。

 

www.odekakeiku.com

www.odekakeiku.com