お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

ニコン双眼鏡 アキュロンT01 小型で軽くリーズナブル。何かと出番の多いNikonの小型双眼鏡。

今回は、お出かけアイテム

小型双眼鏡 Nikon ACULON T01について。

f:id:odekakeiku:20170906223603j:plain

 

意外と、お出かけ時の出番が多い小型双眼鏡

f:id:odekakeiku:20170906224344j:plain

以前、ズーラシアンフィルハーモニーのチケットをとった時、座席が最後列になってしまいました;。

これでは演奏をしている動物たちの様子が見えないだろうと思い、こちらの双眼鏡を購入。

 

f:id:odekakeiku:20170906224355j:plain

せっかく買ったので、日々のお出かけにも持って行くことにしました。

羽黒山の杉並木を歩いている時、色々な鳥のきれいな鳴き声がいたるところでしたので、どこにいるのだろうと双眼鏡で探している様子。 

www.odekakeiku.com

 

f:id:odekakeiku:20170906224407j:plain

よくお出かけする、動物園でも大活躍です。

 

倍率8倍の見え方

今回購入したのは倍率が8倍の双眼鏡ですが、8倍とはどれくらいかというと、

(大まかな参考例として、一眼レフのの交換レンズを通して見てみます)

f:id:odekakeiku:20170906225429j:plain

1倍 30mm(35mm換算)

×8

f:id:odekakeiku:20170906225432j:plain

8倍 240mm(35mm換算)

※実際に双眼鏡を通した時に見える画角とは異なります。あくまでも倍率8倍の見え方の参考例です。

 

双眼鏡で8倍とは決して高い倍率ではありませんが、なかなかの迫力です。

 

アキュロンT01 倍率8倍 8×21

f:id:odekakeiku:20170906235813j:plain

アマゾン価格4,000円を切る(購入時価格)大変リーズナブルな双眼鏡でしたが、ストラップ、巾着型の小型ケースが付きます。

 

f:id:odekakeiku:20170906235818j:plain

接眼レンズにキャップが付いていました。

少し無くしてしまいそうですが、直接目が触れるかもしれない部分なので衛生的にも必要なのかもしれません。

 

 

f:id:odekakeiku:20170906235824j:plain

眼幅調整範囲(目と目の間の幅の調整範囲)は、56mm〜72mmで中央部分を屈折させて調整すれば子供から大人まで使用できます。我が家の4歳児にも幅的に十分でした。

真ん中のピントリングも少しコツをつかめば、4歳児でも自分で調整できます。

 

何よりも195gと軽くコンパクト、カラーバリエーションも8倍のだけでも3色。

 

アキュロン T01 倍率10倍 10×21

最後まで悩んだのは、価格的に少し足せば 倍率10倍のモデルも選べること。

 ニコンのショールームで試させてもらったところ、やはり倍率が上がると若干暗くなると、上手く持たないと手ブレも少し気になるかな・・・と言った感じです。

今回は、幼児が使うことがメインなので初級者向けの8倍にしました。

 

 防水タイプの アキュロンW10  8×21 / 10×21

さらに、またまた悩ませられたのは、これも、価格的に少し足すと防水タイプのモデルもあること。

防水 倍率8倍

こちらもカラーバリエーションは3色。 

防水 倍率10倍

 ちょいちょいお金を足していくと、10倍になったり防水になったり・・・なかなか惑わされました。 

野球やサッカーなどのスポーツ観戦(これからオリンピックとかの観戦にも使えそうですね)や、演奏会、運動会、バードウォッチングや日々のお出かけなど、色々と活用できそうです。

 

www.odekakeiku.com