お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

「こち亀」の舞台 亀有。両さんと仲間たちに巡り会う

今回は、亀有にお出かけした記録から。

 

亀有に来たら「こち亀銅像」巡りでもされてみてはいかがでしょうか。 

 

JR亀有駅の1つしかない改札を出ると

f:id:odekakeiku:20161231132123j:plain

銅像マップがあります。まずは、配布されている銅像マップをもらって亀有巡りへ出発です。

こちらのマップは、けっこう好評らしく、初めて行った時はマップが品切れでした。

 

f:id:odekakeiku:20161231132334j:plain

南口を出ると、さっそく両さん、中川、麗子の三人がお出迎えです。

ここ亀有は、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」通称「こち亀」の舞台というだけではなく、原作者の秋本治先生の出身地でもあります。

 

f:id:odekakeiku:20170411071022j:plain

バスまで両さん!

 

JR亀有駅南口から一路、アリオ亀有方面へ歩き、香取神社に向かいます。

 

亀有香取神社

f:id:odekakeiku:20161231222201j:plain

亀有駅から5分ほど歩き、環七を渡った先に、亀有香取神社があります。

 

f:id:odekakeiku:20161231222234j:plain

こちらの神社の入り口には、狛犬ではなく、亀・・・なんていうんでしょうか、亀の狛犬がいます。

 

f:id:odekakeiku:20161231223419j:plain

境内には、もちろん両さんもいます。

「どんな時も両さんのように明るく元気に夢を持って歩んで欲しい」と願って建てられたそうです。

たとえどん底の時であろうとも、両さんのようにありたいものです。

 

f:id:odekakeiku:20161231223607j:plain

境内には、「こち亀」の実際に漫画の舞台になった亀有界隈の詳細なマップがあります。「こち亀」の何気ない風景も、ちゃんとリアルに亀有にある風景を元にしているんですね。

 

f:id:odekakeiku:20161231224025j:plain

両さんの絵馬もあります。

少々無茶な願い事も叶えてくれそうな・・・。

 

f:id:odekakeiku:20161231224201j:plain

サッカー漫画「キャプテン翼」の原作者、高橋陽一先生も葛飾出身とあってサッカーゴールの絵馬かけと、キャプテン翼の絵馬もありました。

そういえば、香取神社は、勝負の神様でした。必勝祈願にもいいですね。

 

こち亀ゲームぱ〜く

f:id:odekakeiku:20161231224912j:plain

香取神社のすぐそばの、アリオ亀有内には

 

f:id:odekakeiku:20161231224939j:plain

こち亀ゲーパ〜クという、とても楽しい「こち亀」ワールドなゲームセンターがあります。ここも連日「こち亀」のファンでにぎわっています。

中に入ってみると、こち亀のキャラクターや関連グッズが多く展示されています。他にも亀有公園前派出所や、両さん行きつけの尾崎模型など、かなりディープなテーマパークです。

www.odekakeiku.com

 

亀有駅南口界隈の銅像

f:id:odekakeiku:20161231133303j:plain

わざわざマップを見て探さなくても、南口周辺はやたらと両さんたちに出会えます。

 

f:id:odekakeiku:20161231192504j:plain

 両さん像も様々。こちらのマラカス両さんは、マラカス部分が破壊されてしまい ニュースにもなりましたが、無事に治りました。

それにしても両さんに手を出すとは、怖いもの知らずです。

 

f:id:odekakeiku:20161231194708j:plain

小学生時代の、勘吉、珍吉、豚平(とん・ちん・かん)の三人組の銅像です。

両さんの小学校時代の話「おばけ煙突が消えた日」で、臨時の美人教師に別れを告げようと、トンチンカンの三人組が活躍し、両さんがおばけ煙突に登って・・・という良い話がありました。

 

ここで、同じ行程をまわっていた、20代くらいの男性の観光客風の青年に「両さんの子供の頃の銅像もあるんですねー」と話しかけてみました。

青年は「???」。日本語が通じません。

英語で聞いてみると、台湾からの観光客とのこと。

こち亀は、台湾でもすごく人気だそうです。

台湾人の彼も、終わってしまったことが悲しいと話していました。

f:id:odekakeiku:20161231225344j:plain

たしかに、中国語の表記が多いなーと思っていたので、なるほどです。

ちなみに台湾での、こち亀のタイトルは「烏龍派出所」

烏龍の意味は、むちゃくちゃ、意味がわからないという意味だそうです。

これまた、なるほどです。

 

亀有駅北口界隈

f:id:odekakeiku:20161231225435j:plain

亀有駅北口交番。

正式には、「亀有公園前派出所」はありませんが、モデルに一番近い交番のようです。

 

f:id:odekakeiku:20161231225733j:plain

北口交番から、すぐのところに亀有公園があります。

 

f:id:odekakeiku:20161231225951j:plain

のどかな、この亀有公園にも、両さんはちゃんとサボっていました。

 

「こち亀銅像」は、2016年現在、亀有界隈には15体。

 

f:id:odekakeiku:20161231230526j:plain

他にも、自転車盗難の注意案内に、普通に両さんがいたりと、こち亀の連載が終わっても、街全体が「両さん」「こち亀」ムード満載です。

 

f:id:odekakeiku:20161231230100j:plain

「こち亀」巡りに亀有へ、お出かけされてみては、いかがでしょうか。 

 

www.odekakeiku.com