お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

江戸流しびな 雛人形と願い事を隅田川の流れに託して 浅草

江戸流しびな 雛人形と願い事を隅田川の流れに託して

 

今回は、2017年2月26日(日)東京マラソンの日に、第32回江戸流しびなへお出かけした記録です。

場所は、かつて大川と呼ばれた隅田川。浅草駅そばの吾妻橋親水テラス近辺です。

 

f:id:odekakeiku:20170226224937j:plain

12時開始と聞いて、11時半ごろに行ってみましたが、もうすでに雛飾り船が配置についていました。

カモメたちも今や遅しと、見守っているようです。

 

流しびな

f:id:odekakeiku:20170226225811j:plain

専用の流しびなは、当日でも1個800円で販売しています。(売り切れ次第終了)

 

f:id:odekakeiku:20170226225819j:plain

流しびなと、ひなあられひなまつりもの知りBOOKのお土産付きです。

 

f:id:odekakeiku:20170226225823j:plain

お願い札に願い事を書いて、雛人形にセットします。

(あとで知りましたが、願い札を完全に中に入れてしまうのが正しいようです。)

 

振袖さんによるハト型風船の放天

f:id:odekakeiku:20170226231031j:plain

浅草名物 振袖さんと、記念撮影をさせてもらいました。

振袖さんは、平成6年に浅草の町おこし(今と違って活気がなかった)のために浅草おかみさん会が中心になって作られたそうです。

いろいろなイベントに呼ばれて、場を盛り上げてくれています(芸者さんとは違います)。

 

f:id:odekakeiku:20170226231509j:plain

振袖さんと浅草観光連盟会長をはじめ、みなさんによるハト型風船の放天で、いよいよお雛様を隅田川へ流します。

ちなみに、このハト型風船は水にも溶ける紙でできていて、環境対策がとられているそうです。

 

流しびな

f:id:odekakeiku:20170226231913j:plain

雛飾り船の滑り台から、ぞくぞくとお雛様が隅田川へ流れて行きます。

 

 

 

f:id:odekakeiku:20170226232021j:plain

岸からも、スライダーのような滑り台で、お雛様を滑らせて隅田川に流して行きます。

 

f:id:odekakeiku:20170226232123j:plain

我が家の4歳娘の番になりました。

さてさて、うまく流せるでしょうか。。。

 

f:id:odekakeiku:20170226232328j:plain

勢いよく滑りだして行きました!!

 

f:id:odekakeiku:20170226232354j:plain

無事に着水!と思いきや・・・ひっくり返ってしまったようです。

でも、裏返しになっても、お雛様の絵が描かれていました(ひっくり返ってしまった時ようの配慮ですね)。

 

f:id:odekakeiku:20170226233001j:plain

流し終えて帰ろうと思ったら、娘の流し雛の願い札が落ちていました。途中で宙に舞って足元へ戻って来てしまったようです。

願い札は、立てるのではなく、どうやら中に入れてしまうのが正しいようです。

 

f:id:odekakeiku:20170226233140j:plain

ゆらりゆらりと流れていく、幾千もの流し雛を見つつ、会場を後にしました。

 

流し雛:ひな祭りの原型。もともとは紙や草木で作った人形(ひとがた)に、子供の無病息災、無事に育つことを祈り、川や海に流していたのがはじまり。現在も日本各地に残る。

源氏物語にも出てくることから、1000年ほど前の平安時代には既にあったとのこと。

 

www.odekakeiku.com