お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

セブンパークアリオ柏ビッグワンダー 気分はアリエッティ?巨大オブジェで小人気分が味わえる

今回は、セブンパークアリオ柏ビッグワンダーについて。

2016年にオープンした千葉県柏市の超大型ショッピングモール、セブンパークアリオ柏。

内装のデザインは、新横浜ラーメン博物館、星の王子様パーキング(関越道寄居PA)、鬼平江戸処(東北道羽生PA)などをプロデュースした相羽高徳氏が手掛けています。

 

ビッグワンダー

f:id:odekakeiku:20170625223433j:plain

セブンパークアリオ柏は、子供のプレールームも充実しているのですが、子供も大人も特に気になる存在が、このビッグワンダー。

 

f:id:odekakeiku:20170625223437j:plain

実物の約20倍の大きさのオブジェが立ち並びます。

 

f:id:odekakeiku:20170625223545j:plain

20倍の大きさとなると、なかなかの迫力です。

 

f:id:odekakeiku:20170625223444j:plain

セブンパークアリオ柏の中にもある、紀伊国屋書店のブックカバー。

 

f:id:odekakeiku:20170625223508j:plain

サクマ式ドロップ。上部のフタについているシールまで忠実に再現しています。

 

f:id:odekakeiku:20170625223511j:plain

そばには、ドロップも落ちています。「火垂るの墓」の節子に、思う存分食べさせてあげたいです。

 

f:id:odekakeiku:20170625223535j:plain

こちらは、コアラのマーチ。

 

f:id:odekakeiku:20170625223522j:plain

チョコボールの箱も見上げて見るようです。

まさにアリエッティや、小人にでもなった気分です。

 

f:id:odekakeiku:20170625223526j:plain

だるま落としや、トランプなどの玩具もありました。

 

f:id:odekakeiku:20170625232917j:plain

こちらは、チェス。

 

f:id:odekakeiku:20170625232958j:plain

いつも見慣れたものばかりですが、なんとなく不思議と大人までワクワクしますw

 

 

シマトネリコの木

f:id:odekakeiku:20170625223617j:plain

オブジェが立ち並ぶなかに盆栽がありました。

こちらは、本物のシマトネリコの生木。

 

f:id:odekakeiku:20170625223623j:plain

シマトネリコの木は、日本では沖縄などでよく見ることができます。

これからどんどん大きくなっていくのでしょうか。

 

f:id:odekakeiku:20170626003502j:plain

よく見ると、盆栽の鉢には日本最古の漫画と言われている国宝「鳥獣戯画」が描かれています!

鳥獣戯画ファンのパパには嬉しい発見です。でもなぜ鳥獣戯画なのでしょうか・・・?

 

著名人の格言

このビッグワンダーの随所には、世界の著名人たちの格言が散りばめられています。

f:id:odekakeiku:20170625233126j:plain

自分をコントロールできない者に、自由はない。ピタゴラス

 

f:id:odekakeiku:20170625233204j:plain

学べば学ぶほど、私は何も知らないことがわかる。自分が無知だと知れば知るほど、私は一層学びたくなる。 アルベルト・アインシュタイン

 

f:id:odekakeiku:20170626003538j:plain

いかにして生きていくべきかを考えているつもりだった。だが、いかにして死ぬべきかを考えて生きていることに気づいた。 レオナルド・ダ・ヴィンチ

 

f:id:odekakeiku:20170625234713j:plain

時がたてば物事は変わると世間の人々はいつも言うが、実際にあなた自身で物事を変えなければなりません。 アンディ・ウォーホル

 

 

カラー版 CD付 音読したい英語名言300選

カラー版 CD付 音読したい英語名言300選

 

 

 イマジネーションの解放区

このユニークな巨大オブジェが設置されれているすぐそばに、ビッグワンダーの設営趣旨が記されてありました。

くらしを豊かにする源泉は、イマジネーション。

子供も大人もこの空間にいるだけで、夢や希望や元気が湧いてくる、そんなエンターテイメント施設でありたいとのこと。

シンボルツリーのようにも思える、シマトネリコの木の盆栽の鉢に、鳥獣戯画が描かれている理由がわかった気がしました。

 

f:id:odekakeiku:20170626000135j:plain

 

 

www.odekakeiku.com