お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

上野の博物館、美術館などの共通入場券 上野ウェルカムパスポート UENO WELCOME PASSPORT 2016 1月〜5月

上野の博物館、動物館、美術館の共通入場券 

上野ウェルカムパスポート UENO WELCOME PASSPORT

有効期間 2016年1月から5月末までのウェルカムパウポートを使用していましたが、お得に、けっこう楽しめたので記録します。

ちなみに、好評だったようで、また2016年8月15日から、さらにパワーアップした新版の上野ウェルカムパスポートが出るようです。

上野ウェルカムパスポート

上野ウェルカムパスポートとは、博物館・美術館等での常設展等に期間中、各1回入場できる券付きです。

2016年1月発行分のパスポートは、下記8箇所で利用できました。

1.東京国立博物館(トーハク)

2.国立科学博物館(カハク)

国立科学博物館の大人気スポット コンパス - お出かけいく

3.国立西洋美術館(セイビ)

国立西洋美術館 - お出かけいく

4.東京都美術館(トビカン)

5.東京藝術大学 大学美術館(ゲイビ)

東京芸術大学大学美術館 - お出かけいく

6.上野動物園(ウエドー)※略名は、我が家での勝手な呼び方です。 

7.下町風俗資料館

上野 下町風俗資料館 江戸と東京の、古き良き下町の風情を楽しむ - お出かけいく

8.旧岩崎邸庭園

 

また

・東京文化会館

・国立国会図書館国際子ども図書館

・上野の森美術館

の3館では、パスポート持参者に先着でポストカードをくれます。

 

この上野ウエルカムパスポートは、価格は2,000円、限定10,000部。

パスポートなしで全部まわると、4千円以上するので、半分くらいまわれば元はとれます。有効期間も最長5カ月と長めなので、1日で元をとるのは大変だと思いますが何日かにわけて利用すれば、お得にまわれます。

 

2016年1月〜5月有効版のパスポートには、上野判じ絵スタンプラリーというスタンプラリーが付いていました。

判じ絵とは、江戸時代に成立した、全く関係のない絵から推測して、なんの単語を表しているかを当てるクイズのようなものです。

では、問題です。下の画像の2つの判じ絵は、何をあらわしているでしょうか?

判じ絵

左の絵の上は、でしょうか。下はワニが逆さになっています。

右の絵は、蔵の間に「」が・・・

正解は↓

上野パスポートスタンプ

正解は、右が東博のイメージキャラクターの「はにわ

 右が、科博の外にも実物大の巨大レプリカがある「くじら」 でした!。

スタンプラリー参加の各施設にスタンプがあり、そのスタンプが判じ絵の答えになっているのです。

 

NHK Eテレの「にほんごであそぼ」の中にも、判じ絵のコーナーがあります。

我が家のママは、判じ絵にはまってしまい、本を買ってしまうほど。頭の体操になるようです。解らない時は、くやしいくらい解らないのも、いいのかもしれないです。現代に十分通じる、判じ絵を生み出した、江戸の文化は、やはりすごいですね。

 

いろは判じ絵 ?江戸のエスプリ・なぞなぞ絵解き

いろは判じ絵 ?江戸のエスプリ・なぞなぞ絵解き

 

 

さて、このスタンプラリーを5問以上解くと 

上野ウェルカムパスポート

「上野の秘宝」が手に入ります!

上野清水堂不忍ノ池

名所江戸百景 上野清水堂不忍ノ池

 

このパスポートを持って、博物館・美術館めぐりをしていたら、入場受付のあたりで外国の旅行者に「これは、どこで売ってるの?」というようなことを、2箇所で聞かれました。普通の共通券とは異なり、デザインもいいですし、スタンプラリーなども魅力なのかもしれませんね。

上野だけでなく、こういったパスポートのようなものが、もっと広がれば訪れる人も楽しめると思います。

 

2016年8月15日から発売される上野ウェルカムパスポートは、参加施設もさらに増えるとのことです。

上野にお越しの際は、上野ウェルカムパスポートをお求めになって、博物館・美術館・動物園めぐりをされてみては、いかがでしょうか。

 

上野ウェルカムパスポート UENO WELCOME PASSPORT

2016年8月15日(月)~2017年1月31日(火)
価格:2,000円
発売場所:国立西洋美術館、東京国立博物館、国立科学博物館、上野動物園、下町風俗資料館、朝倉彫塑館、書道博物館、東京藝術大学大学美術館、上野マルイ、上野松坂屋、他