お出かけいく

お出かけいく

子どもと、お出かけ行く(育)。30代パパによる、子供に何事もリアルに体験させてみようという試み。

国立科学博物館 海のハンター展 迫力満点のホホジロザメの標本やサメの数々

今回は、2016年7月8日(金)〜10月2日(日)まで、東京上野の国立科学博物館で開催されている海のハンター展へ、お出かけです。

 

海のハンター展

f:id:odekakeiku:20160709204146j:plain

海のハンター展、なかなか良い視点の企画展だと思います。国立科学博物館の企画展は、毎回、子供〜大人まで幅広く楽しめる内容の企画が、多い気がします。今回の客層も、子連れ、ベビーカー、若いカップル、ご年配夫婦の方々など、まさに老若男女、様々です。

 

大昔の海のハンター

まずは、大昔の海のハンターから。

f:id:odekakeiku:20160709204558j:plain

中生代のショニサウルスの頭骨。

推定全長15m推定体重35トン!

現在わかっているなかで、最も大きな魚竜(恐竜の前に生息していたであろう、大型海棲哺乳類)です。すごく大きな、イルカのイメージでしょうか。

歯が発見されていないことから、ヒゲクジラ類のような、濾過食の可能性もあるそうです。

 

f:id:odekakeiku:20160709221351j:plain

出ました! カルカロドン・メガロドンです。特徴は、この名前です!。 

超巨大なサメの、ご先祖様のようです。大きいです。

 

f:id:odekakeiku:20160709220402j:plain

こちらは、カルカロドン・メガロドンの歯の化石

サメの骨は軟らかいため、通常は歯しか化石として残らないそうなので、大きさも推定で約13mくらいではなかったかと考えられているそうです。

ちなみに、日本でもカルカロドン・メガロドンの歯の化石は、古くから発見されており「天狗の爪」とされていたそうです。

歯は、大人の手のひらほどありそうです。どれだけ大きな天狗様なのでしょうか。

 

大海原のハンター

続いて、今の海のハンターを見て行きます。

f:id:odekakeiku:20160709222412j:plain

今回の海のハンター展で、大変工夫されているなーと感じたのは、目の高さにサメの標本が、展示されていることです。

 

f:id:odekakeiku:20160709223145j:plain

前から見ると、かなりリアルに食べられる側になれます!

 

f:id:odekakeiku:20160709222805j:plain

ワーーーー!

 

f:id:odekakeiku:20160709223720j:plain

ガーーーーーー!

 

f:id:odekakeiku:20160710174124j:plain

背の低いお子さんには、是非、だっこして目の高さで、見させてあげてください。

我が家の3歳娘も怖がるかと思いきや、意外に興味深く見ていました。

 

f:id:odekakeiku:20160709224850j:plain

こちらは、シロワニ。見かけによらず、温厚な性格で、人を襲う事は少ないそうですが、歯がすごいですね。

歯磨きが、大変そうです。しないけど。

 

ホオジロザメの標本 

f:id:odekakeiku:20160709225842j:plain

さて、今回のメインです。日本初、ホホジロザメの全身液浸標本です。

沖縄で、はえなわに、かかっていたそうです。

ちなみに、ホジロザメってよく聞きませんか? 

ずっとホジロザメだと思っていましたが、漢字は頬白鮫

天下の国立科学博物館で、ホジロザメと言っているのですから、やはりホホジロザメが正式名なのでしょうか。

 

f:id:odekakeiku:20160709231420j:plain

前から見てみます。あの映画ジョーズもホホジロザメです。

この迫力で3mですから、さきほどのカルカロドン・メガロドンは、この約4〜5倍もあったんですね。でかすぎます。

 

f:id:odekakeiku:20160709231705j:plain

ホホジロザメの歯です。1つ1つが、ギザギザしています。歯は、内側から外側へと常に生え変わってくるそうです。

 

その他のハンター

f:id:odekakeiku:20160710061905j:plain

怖いサメばかり続いたので、少し癒し系のサメを。

ネコザメです。

ネコとつけば、なんでも癒しの昨今です。

当然、人に危害は加えないようです。夜行性で、鰭を使って歩くように海底を移動することもあるとか、やっぱりネコです。

追記:小学1年生の甥っ子君から、ネコザメには毒があることを教えてもらいました。調べてみると、確かに前の背びれのトゲに毒があり刺さると激痛。見かけてもむやみに触らない方がいいかも。

 

f:id:odekakeiku:20160710062615j:plain

なんとなく、サメばかり紹介してしまいました。

もちろん他にも、海のハンターは、たくさんいます。ホッキョクグマアザラシペンギンもハンターですね。

 

f:id:odekakeiku:20160710063016j:plain

ミナミゾウアザラシ 

で、でかいです!

パパも陸上生物なので、サメよりこっちの方が怖いです;

 

f:id:odekakeiku:20160709232018j:plain

こちらは、ミドリフサアンコウ

食べられないように、ふくらむとか。日本近海でもよく獲れて、見かけによらず美味しいそうです。我が家の3歳娘は、これが気に入ったようです。

 

ハンターのを描いたり、色ぬりすると・・・

f:id:odekakeiku:20160709233311j:plain

企画展の終盤に、色塗り、または魚の絵を描くコーナーがありました。

パパはサメ、ママはシロシュモクザメ、3歳娘はミドリフサアンコウの色塗りをしました。

出来たのを職員さんに渡すと…

 

f:id:odekakeiku:20160709233541j:plain

自分の描いたり、塗った絵をスキャン。大型スクリーンに映し出され、自由に泳ぎ回っているかのように動きます。

3歳娘は、とても気に入ったようでなかなか離れません。もちろん色塗りした紙は、お土産に持ち帰れます。

 

お土産コーナー

f:id:odekakeiku:20160710055044j:plain

毎度、ついつい買ってしまう、お土産コーナーも充実。

 

f:id:odekakeiku:20160710055152j:plain

 干物まで売っていました。

人間は、最強、最多で、最も欲深い海のハンターだということに、改めて気づかされました。

ちょうど、帰ってから今晩の夕飯、何にしようかな〜とお考えでしたら、お土産に干物は、いかがでしょうか。ここは、国立科学博物館です。(笑

 

今回、紹介できたものは、ほんの一部ですが、とても素晴らしい海のハンター展でした。ママも、もういちどリピートしたいほど、面白かったそうです。

夏休みのお出かけに、自由研究に。上野の国立科学博物館へと、お出かけされてみては、いかがでしょうか。

 

追記

今回の予習として、お出かけ前に

f:id:odekakeiku:20160719151855j:plain

我が家の、子供の書庫にある、学研の図鑑 危険生物

f:id:odekakeiku:20160719151952j:plain

海の危険生物を読んで行きました。

危険生物 (学研の図鑑LIVE)

危険生物 (学研の図鑑LIVE)

 

先ほどのネコザメには、毒があるという情報を教えてくれた小学1年の甥っ子にも、この図鑑を以前プレゼントしていました。ネコザメに毒があるというのも、この図鑑を読んで知ったそうです。

 

国立科学博物館
〒110-8718 東京都台東区上野公園7−20
営業時間:9:00〜17:00 金曜は(〜20:00)
電話03-5777-8600
常設展:一般・大学生 620円 高校生以下 無料 
 海のハンター展2016年7月8日〜2016年10月2日(日)
一般・大学生 1,600円 小中高生 600円
 

 
【2016年7月お出かけ】